本日の子連れ出勤」カテゴリーアーカイブ

今日のひとコマ

今日じゃないけど少し前、また別の取材の方が来てました。

 

↓撮られ慣れ始めたマスコットガール。このブログ過去投稿でも度々登場してる。もう名刺を作ったらったらいいと思うほどの活躍ぶり

f:id:mck47:20190201235337j:image

 

このくらいになると柵も超えてどこにでも行っちゃうし、知恵も力もついてきて子連れ出勤はいよいよ大変。

 

我が子のこの頃、思い出します。

 

ていうか今日は小学生の男児を育てる同僚に子育ての相談、というか世間話というか。。。

 

うちの子のことも知ってるから色々話しやすいのです。

気軽に育児相談できる人が多いのも子連れ出勤のいいところ。

 

子供が熱出したとか、保育園からの呼び出しがあると、本当にみんなでフォローし合おうという雰囲気が自然と湧いてるのが感じられ、心地よいです。

この雰囲気を子供の有無や独身既婚だとか性別関係なく出せちゃうあたり、子連れ出勤の経験が少なからず影響してると感じます。

 

あと、春から娘が小学生なので服や靴を整理していたんだけど、お下がりを貰ってられる相手が多くて助かる笑

本日の子連れ出勤 久々子連れ&テレビ放送の告知

去年の12月に認可保育園の入園が決まり、幼稚園から保育園に転園。現在は子供をあずけ、働くことができています。

 

なので今日は久々の子連れ出勤、とはいえなんだかんだ3ヶ月に2回くらいは会社に連れて行ったりしてました。

 

ということで、久々の今日の子連れ出勤。

ちなみにこの日は会社にテレビ取材が入っていました。放送は今晩!詳細は最後に。

 

■本日の流れ(2/24) 娘4歳半

07:30~起床 夫&娘のお弁当作り、朝食、登園準備などなど

08:55~自転車で登園&出勤

09:25~私 保育園へ到着

09:40~私 会社へ到着

お迎えまでは一人で働く

12:45~私 娘をお迎え 

13:00~テレビ取材受けつつ午後の勤務開始 

持たせたおやつをスタッフ全員に配る/いらない段ボールでお絵かき/粘土遊び/仕事のまねごと/振る舞われたメロンを食べる/スマホ1時間

17:00~帰社

18:00~夕飯、お風呂

21:00~就寝

 

▽バイトの大学生さんの教えを請いながら簡単な作業のお手伝い 。い、意外とできていて驚く&成長を感じる。

f:id:mck47:20170225115008j:image

 

4歳半にもなるとすこぶる子連れ出勤しやすく、会社にもなれているし、騒いだりしないし、勝手におもちゃで遊んでいるし、スマホもちゃんと時間を守ってくれるし、なんて楽なんだ4歳半の子連れ出勤。

 

娘との子連れ出勤は彼女が1歳8ヶ月頃からだったので、2歳から3歳にかけての社会性に欠けた自己主張の対応を会社でせねばならず、心底大変な時期もあったけど、それが嘘のように。

 

このブログでもたびたびふれてますが、子連れ出勤はあくまで手段のひとつというか、基本的には保育園が充実してほしく、ただ、共働きで両親が地方という家庭にとって、困ったときに会社に連れてこられるというのは本当にありがたいこと。

そんな感じです。伝わるかしら。

 

☆近況報告☆

働き方改革がらみと思われるコンタクトが数件立て続き、来月にはPR会社の方とそのクライアントさんから、新しい働き方訴求についてのご相談という、なぜ私に?というお話。

私の何が役にたつか分かりませんが、求められているのならいくらでもご協力させてもらえればこんなに嬉しいこともなく。

 

☆テレビ取材の放送☆

今晩放送の情報7days にて、ユニークな働き方をしている会社ということで私と娘の働く様も映るカモ?

まま、ニュース番組なので放送されるかどうかはギリギリまで分からないけど。

www.tbs.co.jp

恒常的な子連れ出勤から、一時的な子連れ出勤へ

4月に娘が幼稚園に入り、以降一人で出勤できるようになりました。

ただ、延長保育のある幼稚園には入ることができなかったため、勤務時間は短くせざるを得ませんでした。

 

4月以前の働き方

 

  • 勤務時間は5時間/日(昼を挟むため拘束6時間)
  • 週2~3日
  • 在宅勤務① 子連れの会社からの仕事
  • 在宅勤務② 上記以外のお仕事

 

 

4月以降の働き方

 

  • 勤務時間は3時間/日
  • 週4日~5日
  • 在宅勤務① 子連れの会社からの仕事
  • 在宅勤務② 上記以外のお仕事

 

 

子連れ出勤は止めたというより、

恒常的な子連れ出勤から、一時的な子連れ出勤に変わりました。

 

一時的とはどんなときかというと、

 

  • 幼稚園の臨時休園
  • 熱が7.5℃あるけど本人はいたって元気
  • 幼稚園の長期休み

 

よいうような感じ。

 

幼稚園て夏休み2か月もあるんですね…泣

そういうわけで、今月はちょこちょこ子連れ出勤がありました。

 

それでも私はできるだけ一人で出勤したかったので、

義実家や夫の協力を求めて子連れ出勤は最小限に。

 

たまに連れてゆく分には、お菓子や動画見せておくというのは全く気にならなくなりました。

 

むしろ幼稚園に入ったことで成長した部分があり、以前ほどハラハラしていなくてもよくなったこともよい変化でした。

 

子供がいるなかで働くことを選んだ以上、今後も急なお休み、病気、長期休暇に振り回されることが予想されるわけですが、

都度相談をしながらできる範囲で働くことを可能にしてくれている今の職場であれば、乗り越えられそうな気がしています。

 

そんな神対応の会社・人事や総務の担当者って実際どうなのよ?

と思ったそこのあなた!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2016年9月7日 11:00より

【子連れ出社】第15回オフィス見学会

行なわれるようなのでどうぞ。

 

▼こずちゃんにあやされるたまさん

f:id:mck47:20160823135807j:image

 

 

本日の子連れ出勤 トモくんの成長と、子供と大人の末永い関係

お世話になっている会社は体験ギフトを販売しているので、明日19日の父の日を控え臨時の休日出勤となりました。

 

さて久々のトモくん。

元気で好奇心旺盛、意思も強く、王道の男の子という感じで、ママはいつだって大変そうだった。

 

 久々に会った彼はどんな風に成長しているのだろうと楽しみで仕方なかった私の気持ちは、他所の子ではなく、限りなく自分の子寄りの感覚。

 

このへんの感覚は子連れ出勤したことある人ならあるあるかもしれない。

我が子でない分、気楽に眺められる(可愛いと思う関係だけでいられる)うえ、長期間側にいるので成長の喜びを感じられるといういいトコ取りの関係なのだ。

 

そして久々に会った彼はずいぶんと我慢強くなった印象を受け、

それは、私の「ちょっと待ってね」に、「うん、わかった」と答えたことで確信へと変わった。

彼(トモくん)も、幼稚園という新しい世界の中で色んなことを受け止めて消化してきたことを想像&実感し、心の中でうるっと感動してしまった。

 

さて、仕事のあとに私が苔玉作りをしたのですが、横でずっと「僕もやりたい」と言い続けたトモくん。待ち続けたトモくん。

 

本物をイチから作ることはさせてあげられなかったけど、最後に余った材料で苔玉モドキを作成。

いつの間にかみんな集まってトモくんの苔玉モドキ作りのお手伝い。

 

f:id:mck47:20160619005056j:image 

 

こうやって自然とトモくんの周りにみんな集まって彼に寄り添う姿は、子連れ出勤という体験の中で作られた、トモくんと大人たちの関係あってのものだな、としみじみ。

 

♦♦

 

ところで、私には夢があって、せっかく子連れ出勤でできた娘と会社のみんなとの関係を、できるだけ長く続けていってあげたいというもの。

 

例えば、娘が小学生になったら夏休みに会社に連れてきて夏休みの宿題などしていてもらいたい。

わからないことがあったら近くの大人に「足し算教えて~」とお願いしてもらいたいし、「課題図書なにを読んだからいいかな」とか「自由研究なににしよう」とか、

 

そんなのが理想。

そしてゆくゆくは進路の相談とか、恋愛相談とか、仕事の相談とか、そういう人生相談できる先輩がいっぱいできるのが理想。

 

あくまで私の個人的な理想。

 

だけど、子供にとって親意外に頼れる大人がいる環境って素晴らしいと思うし、子連れ出勤がなければ実現できなかった環境でもあるので、せっかくできた人との繋がりを細くていいから続けてゆけたらと思っている。

 

私の娘はもしかしたら、同世代の子供の中でも群を抜いて(言い過ぎ?)大人へ信頼感を持っているのかも、と感じることがよくある。

 

それはどんなときも、周囲のスタッフさんが娘のアクションに反応したり受け止めたりしてくれたことの積み重ねに他ならないように感じる。

 

やはり、3歳の娘の人間関係、これからも大切にしてあげたいなぁと思う。

本日の子連れ出勤 会社は娘のホームだということ

 

先日の投稿では慣らし保育で午前中にお迎えでしたが、20日からお弁当も始まっています。

www.kozre.com

 

 

時間のやりくりが何かと大変ですが、今月まで期間限定のことなのでなんとかやってます。 

 

■本日の流れ(4/25

06:30~起床 夫&娘のお弁当作り、朝食、幼稚園準備などなど

09:00~娘 夫とともに幼稚園へ出発

09:30~私 会社へ出発

10:00~私 出勤

12:45~私 娘をお迎え 

14:00~午後の勤務開始

14:00~出勤途中で寝てそのままお昼寝

16:00~お昼寝おしいまい

17:30~帰社

19:00~夕飯、お風呂

21:00~就寝

 

今日は幼稚園の疲れか2時間もたっぷり会社で寝ていたので仕事は捗った。

娘は慣れない幼稚園生活で溜まったストレスを発散するかのようにのびのび会社時間を謳歌していた。

まだまだ娘の中では会社>幼稚園

この子は1歳7ヶ月から3歳半の今日まで会社に来ているから、会社という場所は彼女の中では大きな意味があることを改めて実感。

 

▼こずえちゃんがゴリラ役で遊んでくれている

f:id:mck47:20160426110701j:image 

▼たまさん(娘)がたまちゃん(お姉さん)の涙と鼻水を拭いているところ

f:id:mck47:20160426110716j:image

▼あずちゃんと洗いもの1

f:id:mck47:20160426110723j:image

▼あずちゃんと洗いもの2

f:id:mck47:20160426110746j:image

 

 

本日の子連れ出勤 幼稚園からの子連れ出勤

この春より娘は幼稚園(チューリップ組)に通うことになりました。

 

我が区は幼稚園も狭き門で、4か所受け( ゚Д゚)!、2か所落ち(;O;)、2か所補欠( ;∀;)、1か所繰り上げで、今日に至ります。

 

もし繰り上げなかったら私は虐待とかネグレクトとか鬱再発とかあったかもしれないと思います、、、子供はかわいいけどね、、、ははははh

 

それはさておき、

 

娘は無事入園をしましたが、子連れ出勤のお仕事シフトも入っております。

 

幼稚園って(保育園もそうかもだけど)入園前後って、慣らし保育的なものがあり、何時から何時まで保育してもらえるのか、直前までわからないというトラップが!!

 

サバ読んでシフト入れてて助かった。。。

保育園と復職が同時並行の方々、保育スタート前後の慣らし期間にはご注意を。

 

さて、そんなこんなで、娘は幼稚園のち、出社するというのを体験中です。

私は娘と午後から出社です。

 

ではいつもの。

 

■本日の流れ(4/12

07:00 起床

09:00~娘 幼稚園

11:00~娘 お迎え

13:00~午後の勤務開始

15:30~お昼寝

16:30~お昼寝おしいまい 起こして帰社

18:00~夕食&お風呂

21:00~就寝

 

お昼寝を除いて、会社での活動時間(2時間半)は遊んだりDVDを見たりを細かく繰り返していました。

 

私が新しい子連れ出勤ベイビーたちをかわいがりすぎ、娘が嫉妬を爆発させヒヤヒヤする場面もあるものの、

2歳ごろと違い自制することを身に付けつつあるようで、ほのかに感動したりもしています。

 

↓娘の隠し撮り ※テーブルで隠れている赤ちゃんと遊ぶ女性

f:id:mck47:20160414211837j:image

 

↓娘の隠し撮り ナチュラルに赤ちゃんだっこしているママ

f:id:mck47:20160414211854j:image

 

↓娘、大好きなヤマトさんとのやり取り。

f:id:mck47:20160414212349j:image

本日の子連れ出勤 3歳半現在子連れ出勤のコツまとめ

出勤絞ってもらってるなう

年始から幼稚園が始まるまでの数か月、出勤を絞ってもらってます。

理由はいくつかありますが、

 

  • 3歳同士が本気で遊んでフィーバーすると大変
  • お菓子 & 動画が気になる(とはいえ現状2つとも超許容範囲で推移中
  • 子連れ出勤以外の仕事(在宅)の割合を増やしたい

というかんじですかね。

現在の働き方に対するスタンス

子連れ出勤当初からこのスタイルを細く長く続けてゆきたいと考えており、

そのためには子供の成長過程で出勤日数や勤務時間の調整は必要だと思っていた。

そのため、出勤日数にはこだわらないというスタンスです。

 

■本日の流れ(3/3)※ここ3日間のまとめ

07:30 起床

(会社でのお菓子食べ過ぎを抑止のため、朝ごはんは目一杯つめこむ) (★1)

09:30~出勤

10:00~勤務開始

11:30~絵本を読む (★2)

12:30~お昼休み (★3)

川沿いを歩きながら持参したシャボン玉 しながら パンやおにぎりを食べます。

食べきれなかった分は戻ってから食べてます。

13:30~午後の勤務開始

14:30~お昼寝

16:00~お昼寝おしいまい 起こして帰社

18:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

3歳半現在、スムーズに子連れ出勤するコツ

このところ非常によい感じで子連れ出勤出勤できています。

(★1)は、お菓子の食べすぎと、午前中の精神安定に非常に効果的

(★2)11:30という時間は勤務開始から90分が経過したタイミングです。子供が飽き始めるか、動画を30分~40分見続けていることがほとんどなので、そういったことを解消するために設けました。

このとき、「11:30だ、絵本読むよ」と時間を意識させると、子供自身の出勤リズムの中に組み込まれやすいと感じています。

(★3)体と頭をめいいっぱい使って楽しみ、よい気分で午後のお昼寝へ繋げるため

 

そもそも勤務時間は2時間じゃないか、という気付き

そもそも1回の勤務は昼を挟んで実働5時間。午前午後で2時間半ずつです。しかも昼寝が2時間程度入ります。

 

「 勤務5時間  昼休み1時間  昼寝2時間 = 2時間!! 」

 

子連れ出勤自体の実働は2時間です。

この2時間のなかで、おもちゃ、お菓子、動画、おいかけっこ、絵本、などの方法を塩梅を見ながら使い分けます。

 

3歳半現在、スムーズに子連れ出勤するコツ

・①早起き、②満腹、③満足

現在自宅ではお昼寝をしませんが、会社では必ず寝ています。必ず寝てくれないと困るので出勤日は、①早起き、②満腹、③満足を心がけています。

③の満足とは、心と体の満足です。子供が何かに夢中になっていても長時間ほっておかず話しかけたり、遊びに誘ったりすることで、「会社 = お母さんにほっとかれる場所」というイメージにしないためでもあります。

 

・事前に自宅であそび慣れ

会社で与えるおもちゃ、遊びは事前に自宅であそび慣れさせています。というか、自宅で楽しく遊べていることの中で、会社でも遊べること(水遊びや音の出るおもちゃは避ける)を選びます。

会社での読み聞かせをスムーズにさせるために、自宅での読書はかなり初期からやってました。効果が出たのはようやく最近です。

 

会社でおもちゃを与える際のひと手間

会社でおもちゃを与える際は、一度一緒に遊び始めます。子供が集中し始めたらその場を離れます。このひと手間がないと、ポイッと受け取り、ホホイと遊んではくれません。

子供はよく見ているので、むしろ”ほっておかれる合図”と捉えはじめ、超絶反抗することもあります。(経験談)

 

・ダメダメはことを難しくするだけ

お菓子はダメ、動画はダメ、大きな声はダメ、という、これだめあれだめ、全部だめ、というのはことを難しくするだけです。(経験談)

全てダメと思考停止させず、事柄を分解、手法ごとの塩梅を決めます。

お菓子は、あればほしがるのでお腹いっぱい朝食を食べさせることがマイルールです。

持参するお菓子はできるだけ少量、小袋で、ダミーのお菓子バックを持参します。ダミーのお菓子バックにはお菓子の空き袋で一見華やぎを。そして小魚、昆布、などでかさましをし、その中にビスケットや飴を少し入れておきます。

 

すると、ほしがるのをやめるか、ビスケット1枚くらいで手を打ちます。

本当にごねたときように、チョコやマシュマロ、グミ、ラムネ(10グラム以下の小袋)は別で持っており、取り出すときに、お菓子バックから取り出したように見せるのがコツです。

 

動画は、取りあえず興奮を落ち着かせたいときと、どうしも手が離せないときに見せてます。ただし、最長60分を限度にして、別の遊びに誘導します。最近は30分~40分継続したところで絵本で釣るというのがいいペースです。

前述のとおり、実働2時間の中で動画をどのようにさしはさむか、1日の分配を考えつつ見せるようにしています。

 

大きな声は、「誰かが電話しているときは絶対ダメ」のあと、「このくらいならいいよ」とコソコソ話しかけます。子供はコソコソ話の遊び感覚でしたがいます。

 

さいごに…できてません…

いろいろ書きましたが、家と会社で態度をわけないことと、怒るときは怒ることは、子供との信頼関係のうえでベースとしてかなり重要だと感じてます。

心がけていますが、人の前でいい恰好したいし、怒るのは恥ずかしく、そう簡単にはできてません…

 

上にいろいろ書いたことは、3歳半現在であって、2歳のころは全く違いました。日々試行錯誤してます。

 

まぁ、もう少ししたらまた変わるかもしれないので、そのときはそのときなりのコツをまとめようと思います。

 

おまけ写真

 f:id:mck47:20160303211316j:image

f:id:mck47:20160303211332j:image

f:id:mck47:20160303211343j:image

f:id:mck47:20160303211352j:image

 

本日の子連れ出勤 持参したおもちゃで遊んでもらう小さなコツ

なかなかよい1日でした☆

このところ、だいたいこのような感じでスムーズに過ごせています。

気になる動画の視聴時間は、粘土やお昼休み、絵本の読み聞かせを挟むことで1日トータルで1時間程度。十分許容範囲。

 

■本日の流れ(2/24

07:30 起床

会社でのお菓子食べ過ぎを抑止のため、朝ごはんは目一杯つめこむ

09:30~出勤

10:00~勤務開始

こずえちゃんとお粘土、私のデスク横に座りお粘土、その後YOUTUBE、絵本読み聞かせ

12:55~お昼休み

川沿いを歩きながら持参したシャボン玉 しながら パンやおにぎりを食べます。

食べきれなかった分は戻ってから食べてます。

14:00~午後の勤務開始

14:30~お昼寝

16:00~お昼寝おしいまい 起こして帰社

18:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

昼休みは近所の児童館で3輪車がブームでしたが、シャボン玉を導入したところこちらがナンバーワンになった模様。

2歳ごろに与えた時はドロドロの大惨事だったのに、器用に道具を扱えるようになって母的には喜びを感じる瞬間。

会社にはこれまで色んなおもちゃを持ってきましたが、粘土にしても絵本にしても自宅で楽しく遊ぶという段階を経てから会社で導入するのがコツかなと考えてます。

会社でこれらを渡す際も、ただ渡すのではなくて少しだけ一緒に遊ぶ。粘土遊びに切り替えるときの導入をスムーズにするためにサポートしている感覚です。

会社には働きに来ているので、おもちゃをポンっと渡したくなりますが、それでは子供が放っておかれると察して遊ばないか、遊んでも長続きしないので、

結局この方法が、我が子の場合は一番よいかも。

 

↓こちらは昨日の模様

f:id:mck47:20160225010147j:image

 

↓ふぅっと吹いて、追いかけて、を夢中で繰り返すので、気分転換には最高だし、午後のお昼寝もぐっすり寝ている気がしてさいこう!

f:id:mck47:20160225010253j:image

 

変わり映えしませんがこんな日々。

 

今日は娘と寝る前にする会話の中で、こずえちゃんと遊んだ話やもう一人の出勤キッズともくんの話を夢中でしてました。

 

近頃ようやく会話らしくなってきた、まだたどたどしい表現ではありますが、娘がいかに心から楽しんだのか、それを伝えようとしてくれているのかが伝わり、こういうのって母親として一番うれしいというか。

 

3歳ながら娘自身の世界があって、しっかり人生楽しんでるな、と思うのです。

4月から幼稚園に入りますが、子連れ出勤をしていなければこの子がこんなに密な信頼関係をたくさんの人と結べる場所はなかったと思うにつけ、

 

娘にとっては本当によい経験になっているな、と思います。

 

 

本日の子連れ出勤 仕事内容が変わった

タイトルのとおり、仕事内容に変化です。

 

これは自分から言い出したことでもあるのですが、子連れ出勤ママだけでなく、子育て中の人はどうしても子供の具合でお休みすることもあるので、いろんな仕事を覚えていれば、そんなときにピンチヒッターができると考えていたから。

 

と言い出したものの、子連れ出勤のわたしにとって差し迫って重要なのは、仕事内容の変化よりも、これによって生じる娘との距離だったり働くスタイルだったり。

 

娘の様子が良くなければ周りに迷惑かけますからね…

 

新しい仕事は電話を使う座り仕事で、これまでは作業系の立ち仕事。

座席の関係から子どもとの距離がほんの少々離れるのと、電話対応中は娘の状態がどんなに悪くても駆けつけることができなくなる、という2点が最大の懸案事項。

 

本日の子連れ出勤はそんなドキドキを抱えた初日だったわけです。

 

まずは

■本日の流れ(2/2

08:00 起床

会社でのお菓子食べ過ぎを抑止しるため、朝ごはんは目一杯つめこむ

09:30~出勤

10:00~勤務開始

12:30~お昼休み

13:30~午後の勤務開始

14:00~お昼寝

15:30~お昼寝おしいまい

16:00~帰社

ちょっと買い物など

18:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

一日の流れは文句なしのパーフェクト。

 

1日終えてみて分かったのですが、立ち仕事と座り仕事、それぞれに子連れ出勤する私にメリット・デメリットがありました。

 

以下まとめ

   作業系立ち仕事

   メリット 何かあれば作業の手を止めてすぐに駆け付けられる

   デメリット 作業が連続するので、計画的に緩急がつけづらい

   電話系座り仕事

   メリット 1日のスケジュールを自分でコントロールしやすい

   デメリット 電話中は泣いても喚いても駆け付けられない

 

立ち仕事と座り仕事といっても、仕事内容によってこのメリデメは変わると思うので一様にはいえませんが、あくまで渡しの場合。

さらに言うと、子供の性格と年齢でもかなり違うと思う。

 

結論から言えば、この日は思ったよりよかった。

 

娘も会社に慣れていることと、気持ちが落ち着いていて、割合いうことを聞いてくれたというのが大きかったかも。

 

2月はほぼ、座ってのお仕事なので、難しい日もあるかもしれませんが。

f:id:mck47:20160207150329j:image