子連れ出勤仲間」カテゴリーアーカイブ

今日のひとコマ

今日じゃないけど少し前、また別の取材の方が来てました。

 

↓撮られ慣れ始めたマスコットガール。このブログ過去投稿でも度々登場してる。もう名刺を作ったらったらいいと思うほどの活躍ぶり

f:id:mck47:20190201235337j:image

 

このくらいになると柵も超えてどこにでも行っちゃうし、知恵も力もついてきて子連れ出勤はいよいよ大変。

 

我が子のこの頃、思い出します。

 

ていうか今日は小学生の男児を育てる同僚に子育ての相談、というか世間話というか。。。

 

うちの子のことも知ってるから色々話しやすいのです。

気軽に育児相談できる人が多いのも子連れ出勤のいいところ。

 

子供が熱出したとか、保育園からの呼び出しがあると、本当にみんなでフォローし合おうという雰囲気が自然と湧いてるのが感じられ、心地よいです。

この雰囲気を子供の有無や独身既婚だとか性別関係なく出せちゃうあたり、子連れ出勤の経験が少なからず影響してると感じます。

 

あと、春から娘が小学生なので服や靴を整理していたんだけど、お下がりを貰ってられる相手が多くて助かる笑

本日の子連れ出勤 トモくんの成長と、子供と大人の末永い関係

お世話になっている会社は体験ギフトを販売しているので、明日19日の父の日を控え臨時の休日出勤となりました。

 

さて久々のトモくん。

元気で好奇心旺盛、意思も強く、王道の男の子という感じで、ママはいつだって大変そうだった。

 

 久々に会った彼はどんな風に成長しているのだろうと楽しみで仕方なかった私の気持ちは、他所の子ではなく、限りなく自分の子寄りの感覚。

 

このへんの感覚は子連れ出勤したことある人ならあるあるかもしれない。

我が子でない分、気楽に眺められる(可愛いと思う関係だけでいられる)うえ、長期間側にいるので成長の喜びを感じられるといういいトコ取りの関係なのだ。

 

そして久々に会った彼はずいぶんと我慢強くなった印象を受け、

それは、私の「ちょっと待ってね」に、「うん、わかった」と答えたことで確信へと変わった。

彼(トモくん)も、幼稚園という新しい世界の中で色んなことを受け止めて消化してきたことを想像&実感し、心の中でうるっと感動してしまった。

 

さて、仕事のあとに私が苔玉作りをしたのですが、横でずっと「僕もやりたい」と言い続けたトモくん。待ち続けたトモくん。

 

本物をイチから作ることはさせてあげられなかったけど、最後に余った材料で苔玉モドキを作成。

いつの間にかみんな集まってトモくんの苔玉モドキ作りのお手伝い。

 

f:id:mck47:20160619005056j:image 

 

こうやって自然とトモくんの周りにみんな集まって彼に寄り添う姿は、子連れ出勤という体験の中で作られた、トモくんと大人たちの関係あってのものだな、としみじみ。

 

♦♦

 

ところで、私には夢があって、せっかく子連れ出勤でできた娘と会社のみんなとの関係を、できるだけ長く続けていってあげたいというもの。

 

例えば、娘が小学生になったら夏休みに会社に連れてきて夏休みの宿題などしていてもらいたい。

わからないことがあったら近くの大人に「足し算教えて~」とお願いしてもらいたいし、「課題図書なにを読んだからいいかな」とか「自由研究なににしよう」とか、

 

そんなのが理想。

そしてゆくゆくは進路の相談とか、恋愛相談とか、仕事の相談とか、そういう人生相談できる先輩がいっぱいできるのが理想。

 

あくまで私の個人的な理想。

 

だけど、子供にとって親意外に頼れる大人がいる環境って素晴らしいと思うし、子連れ出勤がなければ実現できなかった環境でもあるので、せっかくできた人との繋がりを細くていいから続けてゆけたらと思っている。

 

私の娘はもしかしたら、同世代の子供の中でも群を抜いて(言い過ぎ?)大人へ信頼感を持っているのかも、と感じることがよくある。

 

それはどんなときも、周囲のスタッフさんが娘のアクションに反応したり受け止めたりしてくれたことの積み重ねに他ならないように感じる。

 

やはり、3歳の娘の人間関係、これからも大切にしてあげたいなぁと思う。

サテライトママスクエア by HOLLYWOODオープン

6月6日にオープンしたサテライトママスクエア by HOLLYWOOD。

 

ハリウッド化粧品関係者の方が、去年行なったシブヤ大学での授業にご参加くださっていました。

 

当時はまだまだ子連れ出勤について具体的なプランがあったわけではなく、

ご自身が抱える課題を、ご自身だけでなく同じような課題を抱える人にも有益になるような取り組みがあればと検討されている中でこの授業を見つけてくださったようなかんじだったように記憶しています。

 

www.shibuya-univ.net

 

それからわずか半年足らずでサテライトを作りあげた、行動力や人脈など、そもそも社会人としてなんて仕事できる人なんだ、と感嘆。

 

ちなみにママスクエアさんは、会社(ソウ・エクスペリエンス)で行なっている子連れ出勤見学会にいらしてくださっていた…まだまだ少ない子連れ出勤にまつわる取り組みですが、

 

ママスクエアさん、ハリウッド化粧品さんだけでなく、子連れ出勤を知る人はこの始まったばかりの取り組みを少しでも良いものにすべく、アンテナ高くいろんなものを取り込み、既存の仕組みをより良くしている印象があります。

 

▼昨年行なったシブヤ大学での子連れ出勤授業の様子

f:id:mck47:20160607083935j:plain

本日の子連れ出勤 持参したおもちゃで遊んでもらう小さなコツ

なかなかよい1日でした☆

このところ、だいたいこのような感じでスムーズに過ごせています。

気になる動画の視聴時間は、粘土やお昼休み、絵本の読み聞かせを挟むことで1日トータルで1時間程度。十分許容範囲。

 

■本日の流れ(2/24

07:30 起床

会社でのお菓子食べ過ぎを抑止のため、朝ごはんは目一杯つめこむ

09:30~出勤

10:00~勤務開始

こずえちゃんとお粘土、私のデスク横に座りお粘土、その後YOUTUBE、絵本読み聞かせ

12:55~お昼休み

川沿いを歩きながら持参したシャボン玉 しながら パンやおにぎりを食べます。

食べきれなかった分は戻ってから食べてます。

14:00~午後の勤務開始

14:30~お昼寝

16:00~お昼寝おしいまい 起こして帰社

18:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

昼休みは近所の児童館で3輪車がブームでしたが、シャボン玉を導入したところこちらがナンバーワンになった模様。

2歳ごろに与えた時はドロドロの大惨事だったのに、器用に道具を扱えるようになって母的には喜びを感じる瞬間。

会社にはこれまで色んなおもちゃを持ってきましたが、粘土にしても絵本にしても自宅で楽しく遊ぶという段階を経てから会社で導入するのがコツかなと考えてます。

会社でこれらを渡す際も、ただ渡すのではなくて少しだけ一緒に遊ぶ。粘土遊びに切り替えるときの導入をスムーズにするためにサポートしている感覚です。

会社には働きに来ているので、おもちゃをポンっと渡したくなりますが、それでは子供が放っておかれると察して遊ばないか、遊んでも長続きしないので、

結局この方法が、我が子の場合は一番よいかも。

 

↓こちらは昨日の模様

f:id:mck47:20160225010147j:image

 

↓ふぅっと吹いて、追いかけて、を夢中で繰り返すので、気分転換には最高だし、午後のお昼寝もぐっすり寝ている気がしてさいこう!

f:id:mck47:20160225010253j:image

 

変わり映えしませんがこんな日々。

 

今日は娘と寝る前にする会話の中で、こずえちゃんと遊んだ話やもう一人の出勤キッズともくんの話を夢中でしてました。

 

近頃ようやく会話らしくなってきた、まだたどたどしい表現ではありますが、娘がいかに心から楽しんだのか、それを伝えようとしてくれているのかが伝わり、こういうのって母親として一番うれしいというか。

 

3歳ながら娘自身の世界があって、しっかり人生楽しんでるな、と思うのです。

4月から幼稚園に入りますが、子連れ出勤をしていなければこの子がこんなに密な信頼関係をたくさんの人と結べる場所はなかったと思うにつけ、

 

娘にとっては本当によい経験になっているな、と思います。

 

 

本日の子連れ出勤 子連れ出勤見学会

お昼寝の時間がまさしくお昼時なので、お昼休みがだいぶ後ろに倒れるそんな時期。

子連れ出勤していると、お昼休みの時間が自由に(子供の都合で)取れるというのはとっても助かるポイントの一つです。

 

今日は、娘の他にもう一人と、子連れ出勤見学会に来てくれた方のお子様がもう一人。 

 

■本日の流れ(10/21

07:30 起床

09:30~出勤

10:00~勤務開始

13:40~お昼寝開始

15:20~お昼寝終了

15:30~お昼休み 会社裏の川沿いで30分休憩

16:00~午後の勤務開始

16:30~退社

18:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

今日は写真だけ。

 

出勤後はおねんどこねこね

f:id:mck47:20151022092601j:image

 

こんな感じ

f:id:mck47:20151022092632j:image

 

アンパンマン体操ではしゃぐ

f:id:mck47:20151022092806j:image

 

昼休み、河原でシャウト

f:id:mck47:20151022092822j:image

お気の済むまで駆け抜ける

f:id:mck47:20151022092832j:image

 

カーテンの向こうのこずえちゃんが、手を出して遊んでくれているところ

f:id:mck47:20151022092845j:image

 

最後はお掃除をお手伝い…

f:id:mck47:20151022092856j:image

 

そんな一日でした~☆☆☆

 

 

本日の子連れ出勤 新メンバー登場!

先日から新しい子連れ出勤メンバーが増えて、私と娘とはこの日が初対面となりました。

 

■本日の流れ(10/13

07:30 起床

09:30~出勤

10:00~勤務開始

12:00~お昼寝開始

13:00~お昼寝終了

14:30~お昼休み 公園へ

15:30~午後の勤務開始

18:00~帰社

19:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

自分ひとりであれば楽しみなだけの新メンバーも、子供同士の関係となると不安の方が大きく。

私の娘はおとなしい子でも、消極的な子でもなく、その正反対で、良くいえば子供らしいとなるのでしょうけれども…

子供同士で遊ばせるときは相手を泣かせないかとヒヤヒヤしっぱなしなので、今回の新メンバー登場も、楽しみな半面、不安な気持ちも。

 

で、やってきたのは娘と同学年の男の子でした。

この子がまぁ大きいこと!それだけではなく初日から落ち着いて馴染んで、人懐っこく、言葉も正確な会話が成り立つほど!!!

 

小さい頃の成長は個人差が大きいと聞くけれど、同じ年頃でこれほどまでに違うとは、驚きました。

そして彼の体の大きさと落ち着きで、娘とは上手に遊んでくれ、心からホッ…と。

 

娘はよほど嬉しかったようで2人で上手に遊んでいました。

仕事中にこうやって子供同士で上手に遊んでくれるのが、親としては一番嬉しい(*^^*)

 

f:id:mck47:20151016002247j:image

f:id:mck47:20151016002256j:image

 

お昼は公園に。

真夏が終わり過ごしやすくなったので、これからの季節は基本公園で過ごそうと思ってます。

ちなみに写真はロープに止まる赤とんぼを見つけて固まっているところ。

f:id:mck47:20151016002413j:image 

 

子供同士だし、いつも上手くいくわけにはいかないと思いますが、よい加減で1日1日を過ごして行けたら。

 

本日の子連れ出勤 週末、子育ての専門家に子連れ出勤について聞いてきた。

今週は月・水・金の週3日勤務でござる。シルバーウィークはまるっとお休み。

 

この週末に、子育ての専門家に「子連れ出勤って、どう思いますか」と聞いてきました。

元々、幼稚園教諭をされていて、現在は大手託児施設内の立ち上げや、キッザニアの日本初出店に際して、安全管理・プログラムの監修・助言をされてきた方。

 

正しくは「私、子連れ出勤をしてまして、娘も私も、どうやら同僚さんや会社にとっても良いことがある、と感じているのですが、私(素人)では気がつかない問題点などがあるのではないかと常々感じています。いかがでしょうか?」

 

「(同僚さんたちが受け入れてくれているのなら)むしろとてもいいと思います、何も悪いことないです」と断言していただきました。

 

う~ん、うれしい、なんだか安心。やはし自分自身は親の初心者だし、自分の感覚を信じてよいものか、いつも頼りなく思っていたので。

 

さて、

■本日の流れ(9/14

06:30 起床

09:30~出勤

10:00~勤務開始

手遊び、粘土、お絵描き、踊り、追いかけっこ、動画などなどで遊ぶ

12:00~お昼休み 児童館へ

13:00~午後の勤務開始

14:30~お昼寝開始

15:30~お昼寝おしまい

16:00~帰社

18:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

今日もいつもどおり出勤。

自転車出勤です。気候も落ち着き、出勤もラクになりました。

出勤後はいろいろと遊び。

f:id:mck47:20150914225705j:image

↓このように子供が絡みに行った際、そのときダメならダメ、大丈夫なら少々相手をしたりという風景が日常です。

どんなに忙しくても、誰も無視だけはしない。ダメなときは、「今はゴメンね〜、あとでね〜」と一言掛けてくれる。

f:id:mck47:20150914225714j:image

昼は児童館へ行き、お友達と遊ぶ。

f:id:mck47:20150914225724j:image

午後は眠気からグズって来たので、一旦外に出てほんのり寝かして会社に戻り、お昼寝ブランケットの上に転がす。

f:id:mck47:20150914225739j:image

※この写真は眠くなった娘が、ソファで寝てたりょーくんに擦り寄っていったところ

この、“一旦外に出てほんのり寝かす”ことに罪悪感を保たなくなったのは、お給料の調整をしてもらったよい効果(子連れ出勤している人の時給を下げましょう、というお話 – 1歳からの子連れ出勤

そして午後は、ほぼお昼寝して過ごす。

 

因みに、卵アレルギーが抜けてきた娘は3歳目前でたまごボーロ解禁。

ということで本日はオヤツにたまごボーロを2袋(でもほとんど残した)

 

今日もみんなに育ててもらって、娘は本当に幸せそうでした。

ちゃんちゃん。

本日の子連れ出勤 第3回子連れ出勤見学会

気がつけば「主婦&育児」「子連れ出勤」「在宅ワーク」とお仕事が増えてます。まだペースがつかめず四苦八苦ですが、嬉しいです。

余談ですが、子供が居ないとき産後にこんなスタイルで働けるなんて考えたこともありませんでした。子連れ出勤なんて知らなかったし、在宅ワークなんて一部の優良企業の最先端の取り組みか、何か特殊技能のある人だけだと思っていました。

子連れ出勤も在宅ワークも友人の紹介でした。何かしたいと思ったら積極的にアピールすることって本当に大事なんだな、と最近実感しております。

 

さて、今日は子連れ出勤見学会でした。

blog.sowxp.co.jp

第3回めの今回、ますます盛況で今回は午前と午後の2分構成。

 

そして本日もいろいろありました。

 

■本日の流れ(7/21

07:00 起床

09:15~自転車にて出勤

10:00~勤務開始 うんち3回

12:30~お昼休み 児童館

13:30~午後の勤務開始

13:20~お昼寝

14:30~子連れ出勤見学会

14:40~起床!!!!!

中途半端に起きてぐずる

ハセちゃんとコズちゃんがあやしてくれる

出勤キッズのゆいちゃんと娘が仲良く遊ぶ

17:00~退社

18:00~夕飯

18:30~お風呂

21:00~夫帰宅

21:30~娘就寝 

 

午前中は安定して静かに過ごせましたが、うんちが3回!きっと昨晩のなめこ汁のせい。

その都度仕事の手を止めて娘とトイレへ。

 

でもまぁ、子連れ出勤てこうだよね。

 

お昼は児童館へ。

f:id:mck47:20150722131529j:image

この児童館へは1年通い、すっかり先生たちにも良くしてもらっています。娘もこの1時間が大好き。

来年から会社近くの幼稚園に行くことを考えているでの、近所の幼稚園の特色を教えてもらう。本当に助かっちゃう。

 

お昼から戻った時点で少々眠たそうな娘。午後は見学会もあるし寝てもらおうとおんぶ。→お昼寝。ここまではいい感じ。

 

見学会のディスカッション開始して10分ほどで娘がばりばり不機嫌で起床。後にうんち(4回め!!!)をしていたことが発覚。

 

ということで見学会も途中退席させていただく。

でもまぁ、子連れ出勤てこうだよね。

 

ここで娘の「お母さんイヤ」スイッチが入る。もう何してもダメ、参ったなぁと思っていると、通りすがりのハセちゃんとコズちゃんが娘をあやしてくれる。

私がいくらなだめでもダメだったのに、ハセちゃんコズちゃんの登場でゴキゲンに。

f:id:mck47:20150722131719j:image 

そりゃないよ~母の立場なし。

でもまぁ、子連れ出勤てこうだよね。

 

その後、子連れ出勤キッズゆいちゃんと仲良く遊んで娘は大満足。周囲の大人もその姿に癒やされまくって、ふにゃふにゃにされてしまう。

f:id:mck47:20150722131753j:image 

f:id:mck47:20150722131802j:image

f:id:mck47:20150722131938j:image

毎度のことですが、ハセちゃんやコズちゃんのような通りすがりの協力や、お友達キッズの存在、そして私が手を止めても仕事を進めてフォローしてくれる同僚さんたちの存在全てに支えられてることを改めて感じる1日でした。

Sow Experience

子連れ出勤のママ仲間

今お世話になっている会社で子供と出勤しているのは私の他に5人。

他にも子持ちのスタッフさんが子供を保育園にあずけられない日などに連れてきています。
 
私含め第一子の人が多く、子供の成長はそのまま未体験ゾーンへの突入です。そんなときに拠り所になるのは、他のママやパパさんたちの存在です。
 
児童館へ行ったとしてもママさんたちとタイミングや波長が合わなければ子育ての悩みや疑問の話にはなかなかならないものですが、
会社ではお仕事をしながらその時に感じている悩みなどを相談、というよりもっとラフな感じで話すことができます。
 
そのまた逆に、私の娘よりも年下の子供を持つママさんと今抱えている悩みの話になった時などは、ちょうど半年前の自分と同じだ〜!と思う一方、期せずして、はたと我が子の成長に気が付いたりもします。
 
子供を育て始めて私自身が感じていることですが、子育てってものすごく孤独になりやすいのです。
 
辛さを共感してもらい心が軽くなると、余裕がうまれて子供にも穏やかに接することができるような気がします。
 
これも子連れ出勤の副産物なのでしょうか…
 
f:id:mck47:20150219235920j:plain
 
因みにベビーをおんぶしている女性は未婚、独身なのに子育てがハイパー上手なAさん。
彼女を見ていても学ぶところが多い…。

Sow Experience