月別アーカイブ: 2016年1月

本日の子連れ出勤 2016年初出勤で子連れ出勤見学会

2016年初出勤で、1月は唯一の子連れ出勤。

 

先ずはいつもの時間割から。

■本日の流れ(1/20

08:30 起床

会社でのお菓子食べ過ぎを抑止しるため、朝ごはんは目一杯つめこむ

09:30~出勤

10:00~勤務開始

14:00~お昼休み

15:00~午後の勤務開始

16:00~退社

!!勤務中にお昼寝時間をとって欲しいので早起き計画始動!!

16:15~お昼寝?(自転車に乗りながら)

17:00~起床

18:00~夕食&お風呂

21:30~就寝

 

出勤すると真っ先に”あずちゃん”のところへ走り、いっときの間しがみついてあずチャージ。とにかくあずちゃん大好き。

 

取り敢えず動画、がスムーズな1日をスタートさせるコツ

あくまで我が子の場合ですがね。

朝のご挨拶が一通り終わると、取り敢えず動画を見せる。

これで興奮した気持ちが落ち着いて、1日のスタートをスムーズにできるかどうかのポイントにもなっている。コツみたいなものかも。

いきなり動画か、と思われるかも…と罪悪感を感じた時期もありましたが、①結局15分もすれば飽きて別のことするし、②最初に落ち着いて勤務が開始できるかどうかは1日を左右するので今は気にせず導入。

さらに私が動画視聴まぁいいかと思える理由は、①落ち着いて動画視聴ができるようになったのは最近、②週1~2回の出勤だし、③春からは幼稚園で動画ともオサラバできる、という背景もあり。

 

この日は、動画を見たり子連れ出勤キッズの”ともくん”と上手に遊んだり、みんなで追いかけっこしたり。

 f:id:mck47:20160122105650j:image

f:id:mck47:20160122105659j:image

子連れ出勤見学会

1時間ほどすると子連れ出勤見学会の方が見えて、娘はご挨拶&とにかく絡みに行く。本当に人が好きだし、物おじしない、これは娘の本当によい部分だと思う。

 

見学会では、おやつ/動画/お昼休みの時間や過ごし方/みなしお世話時間の減額/子供同士のケンカや声の大きさ/夫の協力/難しいと感じる点/よかったこと、などついて質問が。

 

それらの回答はこのブログでも度々書いていることなので特筆しませんが、改めて感じるのは、子供は成長するということ。

 

たとえばお昼休み一つとっても、子連れ出勤スタート時(子1歳7ヶ月)と今(3歳3ヶ月)では大きく違います。

あの頃は、まだ柔らかいご飯に消化のよいおかずなどだったし、お昼寝の時間も今より早かったことから12時にお昼休みをとることが意外と難しかった。

今では、私と同じものを食べており、お昼寝はだんだん午後へと遅れていったことから、13時前後にお昼休みとしている。

 

一事が万事そんな具合に、子供の成長とともに変化してゆくので、難しかったことが解消されたり、逆に新たな課題が生まれたり。

いずれにせよ、子連れ出勤スタート時に難しさを感じたときに直ぐに諦めてしまうことなく続けれ来られてよかった~と思ってます。

 

今これを書いている時間

私はいま、出勤が必要な仕事を一つと、家でできる仕事を一つと、どこでもできる仕事を一つ持っているのですが、

家で仕事をしている間、そして今こんなふうに文章を書いている間、娘は空気を読んで一人で上手に遊んでくれています。

在宅で仕事を始めた当初は、遊んで遊んでと絡みついてダダを捏ねることもしばしばでしたが、子連れ出勤で覚えた”お仕事中”という感覚があるのか、とても上手に私を待ってくれるようになりました。

f:id:mck47:20160122105627j:image

今日は最近ハマっている人魚姫を音読、母としてはこれ以上ない一人遊びの姿に感謝と感動。

 

新年です

あけましておめでとうございます。

1月の子連れ出勤は、明日から私が実家へ帰省するため、月末の1日のみ。
そしてその日は「子連れ出勤見学会」です。
ということで特に書くこともないのですが、年初なので気持ちも新たにこのブログについて私の思うところを少々。
先ずは過去の投稿でも度々触れておりますブログを始めたきっかけ…と思いましたがきっかけは度々触れているので置いといて、
私がこのブログを書くにあたり持っているポリシー的なものについて。
1つ目は、短くても当日の様子を投稿する。
(12月は全然アップしてないからあんまり言いたくなかったんだけど…)
2つ目は、ありのままを伝えること
そもそもこのブログのキッカケの1つに、「子連れ出勤とはどんなものなのか知ってもらいたい」というのがありました。
それはこの取り組みに可能性を感じている一方、やはり難しいと思う部分もあるからです。
私は、子連れ出勤という素敵な取り組みを始めた人がいたとして、出来るだけいい形で導入・継続されて欲しいと思っています。
会社や、従業員、子供、親にとって大きなマイナスが起これば、この「可能性を秘めているチャレンジャブルな取り組み」はあっという間に、
「それ見たことか言わんこっちゃない」
と消し去られてしまうかもしれない。
なので私のブログでは出来る限り「ありのまま」を見せたいと思い、子連れ出勤経験者だから分かる、
会社での「親と従業員の狭間でゆれるモヤモヤとした感情」から、お菓子食べすぎや、生活リズムについて書いてきました。
本日の子連れ出勤に1日の流れを書き、帰社後の夕飯やお風呂、就寝時間を記しているのはそのあたりをリアリティを持って見てもらえればという思惑もあったりします。
そしてそんなありのままの姿から、それぞれの環境で導入した際のイメージが少しでも湧いて、事前にヘッジ出来るリスクがあればという思惑もあったりしています。
ところで、子連れ出勤の難しさ(≒デメリット)というのは、会社、親、子供、親の4つの立場からそれぞれに違った性格のものがあると思っています。
それは、この4者がそれぞれに違ったメリットを持っているのと同じことです。
私に分かるのは、親としての意見と、様子から判断する子供のことなので、
今年はこのあたりの気持ちも出来るだけ書き残そうかな〜と思っています。
今年はいよいよ娘が幼稚園に通い、子連れ出勤時間も、ぐっと短くなります。
新しい環境で娘がどうなるのか、そしてそんな娘が会社ではどうなるのか、
楽しみでもあり不安でもあり。
そんな感じで今年もよろしくお願いいたします(*^_^*)