月別アーカイブ: 2015年11月

幼稚園×子連れ出勤

来年4月から、娘を幼稚園に通わせることにしました。

幼稚園はお仕事をしている人には不向きですが、子連れ出勤との掛け合わせだと良い加減で出来るのではないかと思っていたので入園が決まって一安心しています。

 

子連れ出勤時間が少なく

現在のシフトは、昼休みを挟んだ6時間勤務。

10:00

~ (6時間の子連れ出勤)

16:00

 

幼稚園入園後のシフトは、勤務時間は変わりませんが、子連れ時間が1時間半ほどになる予定です。

10:00

~ (子供は幼稚園、私はお仕事)

13:30

~ (昼休み&幼稚園にお迎え)

14:30

~ (1時間半の子連れ出勤)

16:00

 

子連れ出勤の負担軽減&子供も子供の世界で遊べる

子連れ出勤をしていると、「子供には子供の世界がある」といった意見があるのですが、

児童館も公園も、家事の合間に午前中に1時間、午後に1時間程度で、都合よく同世代のお友達がいるとも限らないので、意外と子供同士の世界というのが多くありませんでした。(私の場合)

 

娘が幼稚園に行くことで、週2~3日勤務で子供同伴の時間が1日あたり1時間半程度に減るので、

「私の仕事の効率」「会社の負担」「子供の遊び」という面でもとてもメリットが大きくなると思います。

 

ただし「自宅」「会社」「幼稚園」が往復1時間以内であることが前提

私は現在自転車通勤をしているのでこれが可能ですが、バス・電車通勤だとかなり難しくなってくると思います。

因みに、雨の日の送り迎えはバスを利用が前提です。

 

給与から差し引かれる「みなしお世話時間」は、ナシもしくは1割減にしてもらう予定

その頃の様子次第だと思いますが、現在でもほぼ手がかからなくなったので、1日1時間半の同伴であれば、みなしお世話時間もそれほどかからないかな、とは思っていますが、

4月5月ごろの様子で相談しようと思っています。

 

 

お菓子食べ過ぎ問題まとめ

子連れ出勤見学会や、同僚のママさんもなにやら困っているらしいので、過去ログをまとめることに。

今回は「お菓子食べ過ぎ問題」。

 

子供の年齢にもよりますが、2歳以降の子連れ出勤をしていると、意外と「お菓子」や「おやつ」に悩まされる、という人多いのでは。

過去記事にもあるとおり、私自身がいろいろ経験してきましたから…

そんな私がオススメする、対策。

 

その1 親が情報を発信して、周囲の人に協力してもらう

これは、これから子連れ出勤する人も、すでにお困りの人にもおすすめです。

まずは親が、食べ物の方針やアレルギーなどの情報を共有して、出来る限り協力してもらうことが大切だと思います。

意外と盲点なのが、いろんな人からお菓子をもらっていて、総量がものすごいことになっていることがあるということ。

 

その2 朝ごはんをたっぷりたっぷり食べさせてから出社する

いわずもがな

 

その3 食べ物を見える&手の届くところに置かない、出しっぱなしにしない

見えなければ欲しがらないので理想的ですが、会社には色んな人が働いているし、極力ご協力下さい程度でよいかな~と思っています。

 

その4 「あげられないものはあげられない」とはっきり断る

「あ~これはダメなのごめんね~」と言いながらお菓子を仕舞うと意外とゴネない気がいます。ただし、親の場合はものすごくゴネるので、隠しておくのがよいと思います。

一度あげると「くれる人」と子供は覚え、際限なく無くなるまで欲しがるので、子供のためにも大人のためにもきちんと線引するのがいいかな~と。

 

その5 少しの時間、子供の好きな遊びを一緒にする

気を紛らわす作戦の一つですが、お菓子を欲しがるタイミングを一つのキッカケにして、少ない時間でも向き合ってあげるのも効果的でした。

うちの場合は粘土とブロック、追いかけっこやダンスが効果的でした。

 

その6 現時点で食べ過ぎの場合は、量を減らしてゆき、適量に慣れてもらう

私の場合は、おやつを手作りすること、(市販のお菓子っぽい)可愛い袋に小分けにすること、おやつを全て有機・無添加のものを持参すること、干しぶどうや干し芋など、食べるのに時間がかかったり腹持ちの良い物にすることと、

周囲の方に「会社でのおやつを減らそうと思ってます」と伝えることからはじめました。

子供も、これまでの慣れがあるので初めはものすごくゴネましたが、そのうちに慣れてきました。今ではお菓子で困ることは全くと言っていいほどありません。

 

どのくらいの期間、子連れ出勤をするのかにもよりますが、子供の健康にも関わることなので、

ある程度継続する場合は、最初の数日は大変かもしれませんが、お菓子を減らすべくトライするのがいいと思います。

 

 

▼過去記事

www.kozre.com

 

 

www.kozre.com

 

子連れ出勤、5つのスタイルと4つの関係先

子連れ出勤にはいくつかのスタイルがあると思ったので記録。

いろいろチグハグしてますが、ご意見ある方はkozre.work@gmail.comまでどうぞ。

考えるお仲間、静かに募集してます。

 

5つのスタイル

1~3は子連れ出勤、4~5は在宅

  1. 子連れ出勤フリースタイル…ソウ・エクスペリエンスモーハウス
  2. ママ・パパはお隣だよスタイル…ママスクエア
  3. その中間(と言っていいのか)…サイボウズ
  4. いわゆる在宅ワーク…
  5. 子連れ可レンタルオフィス…マフィス

 

4つの関係先(職場、子供、親、保育先)

それぞれの事情や都合の掛けあわせ。

 

①職場

会社のニーズ(例えば人材確保)

労働環境、オフィス環境

従業員の意向や協力

取引先の意向等

 

②子供

年齢

性格

アレルギー等

 

③親

手に職があるか、ないか

雇用形態

勤務時間

出勤頻度

 

④保育先

保育園

幼稚園

親族

保育ママ、一時保育等

 

 

この数ヶ月で、例えばツイッターで呟かれた子連れ出勤に関するものは、とても増えています。子連れ出勤している人、結構いるじゃん、と思っています。

 

子連れ出勤導入の可能性をどうすればわかりやすく伝えられるか、シブヤ大学の授業以降、考えています。

 

それで浮かんだのが「5つのスタイル」と「4つの関係先」です。

だれかネーミングセンスある人助けて。

 

子連れ出勤は、この掛けあわせ次第。

特に、子連れ出勤の実現可能性を感じてもらうときには、勤務時間と出勤頻度はポイントかな~と個人的には。

 

私の場合は、

子連れ出勤フリースタイル

①職場環境は最高、取引先にも子連れ出勤していることをお知らせ

②子供は、3歳、激しい性格、かつては卵アレルギー

③手に職なし、パート、10時~16時までの勤務、週2~3日程度

④親は地方で頼れるところは一切なし

 

個人的なことですが、来年春から娘の幼稚園入園が決まり、

私の子連れ出勤スタイルが代わります。

上記から変わるのは子連れでの勤務時間。

 

想定している1日の流れ

  9時~ 幼稚園登園後、職場へ移動

 10時~ お仕事開始

 13時半~14時半 お昼休みの間に幼稚園にお迎え後、会社に戻る

 14時半~16時 子連れ出勤

 

子供連れでも勤務時間は約1時間半程度になります。

週に2日~3日、1時間半程度なら、なんとなく可能性を感じませんか…?