月別アーカイブ: 2015年7月

本日の子連れ出勤 ふだんの社内のようす

さてさて。これが普段の子連れ出勤の様子です。

(おこられそうだけど)母親だけでなく、周囲のスタッフさんたちが、どんなふうに協力してくださっているか、少しでも伝わったらいいな、と思います(*^_^*)

 

■本日の流れ(7/30

07:00 起床

09:30~自転車にて出勤

10:10~勤務開始

12:10~お昼休み 児童館

13:15~午後の勤務開始

14:30~お昼寝 置くのに失敗し、20分くらいでおこしてしまう

15:00~他のスタッフさん2名が、娘と外へお散歩に出てくれる

16:00~退社

16:30~娘、帰宅途中で寝てしまった。。。

18:00~夕飯

18:30~お風呂

21:00~娘、踊りまくって汗だくのため、もう一度風呂へ

23:00~就寝

 

今朝は遅刻確定で出発したにも関わらず、通勤途中に娘と川でカモとカメ探し。+5分程度はこのせいで遅刻が増されておりましたm(_ _)m

f:id:mck47:20150731011528j:image

 

出勤すると、娘の大好きなあずちゃんが、さっそく娘の相手をしてくれる。

写真は、娘の子連れ出勤トモダチの女の子(2歳)に、電話を掛けているところ。思いがけず饒舌にしゃべる2歳児に、あずちゃんはじめ、周囲の大人を萌えさしている。

f:id:mck47:20150731011539j:image

本人は、電話をとる大人の姿になりきっている。「かしこまりました」「はい」「失礼いたします」という単語がお気入りのよう。 

あずちゃん、わらいころげる。

 

その後、こずちゃんが遊びに来てくれた。先日、こずちゃんと手を繋いでジュースを買いに行ってからというもの、こずちゃんへの気持ちはうなぎのぼり。

写真は、娘が自分のお気に入りのワンピースを無理やり着せようとしているところ。

f:id:mck47:20150731011641j:image 

ちなみに、奥に見える柵からこっちが子供エリア。柵の向こうに行く場合は誰かが付き添う感じ。

 

そんなことをしているとあっという間にお昼休み。

昼休みはたっぷりと遊んで欲しいので、娘に「公園 or 児童館 ?」と聞くようにしているのですが、ここのところは暑すぎるので誘導尋問で児童館になっています。

写真は別日のものですが、いつもだいたいこんな感じ。この児童館には、もう1年通っているので、親子ともども先生たちと仲良し。

f:id:mck47:20150731011859j:image

近所の保育園・幼稚園事情について実情を相談することもあったりして、本当に助かっている。子連れ出勤の嬉しい副産物。

 

午後はyoutubeで映画を見たり、お気に入りの音楽を流してハセちゃんと踊ったりしていたが、じっと座っていられるのはせいぜい15分ほど。

飽きるとこのように、じりじり寄ってくる。そして追いかけっこをしたりして、ちょこちょこと娘の相手をしました。

f:id:mck47:20150731011923j:image

f:id:mck47:20150731011929j:image

f:id:mck47:20150731011934j:image

 

眠そうにぐずり始めたのでおんぶでお昼寝。寝たと思って置こうとしたら起きてしまった←これが一番こまるパターン。やはりエルゴで寝かしたあとに置くのはリスキーか。。。

 

と、いうことで午後は少々不機嫌だったのですが、ぐっちょんさんとましゅーさんやきくちゃんが膝に乗せて、お馬さんの動画などを見せてくれる。

f:id:mck47:20150731011948j:image

少し環境が変わるだけで、娘の気分転換になり、気持ちがおさまるようだ。

 

さらに、私が帰り支度をしているあいだグズった娘を、側に居たむきむきさんが、あやしてくれていました。ゾウさんをウマに見立てて「パカッパカッ」と言って、娘を笑わせてくれていました。

 

ずっと誰かが娘の相手をしてくれているわけではなく、

それぞれの方に、それぞれのタイミングで、できることをしてもらっている、と感じています。

 

この、娘とみなさんの関係は、子連れ出勤をして一番よかったことなのではないかな、と感じています。

待機児童である娘は、本来であれば幼稚園が始まる3歳まで、こんなにたくさんの人と親密に係ることはなかったと思います。

 

ちなみに、帰宅した娘は、「かいしゃ すき、かいしゃ すき」と連呼。証拠は動画で確保。

 

もちろんこの関係は、はじめからあったものではありませんでした。お互いのことを知ってゆくなかで、自然とうまれてきた関係・雰囲気だと感じています。

 

と、いうことで、いつものようすでした。ちゃんちゃん。

Sow Experience

時給を引きます、ではなく、みなしお世話時間を引いてもらうお話

突然、普段の1000倍のアクセスが来たので、驚いている筆者です。

たくさんの方に私と娘が経験している子連れ出勤を知ってもらって、嬉しく思っています。

 

とある方から、「はてぶで大炎上してますよ、タイトル変えたほうがいいかもです」とご連絡いただきました。確かに本文と相違ありなのですが^^;、

このブログはあくまで私と娘の『子連れ出勤の記録』でしかなく、普段は二桁程度のアクセスなので、このままにしておこうと思っています。

ごめんなさい、でもお心遣い、嬉しかったです。

 

そして大炎上と表現されましたが、読む限り私が想像していた炎上というものより、

今後を懸念しての意見だと思ったことと、

私の“時給を下げるという表現”が正確でなかったこと、

さらに、私の雇用形態や仕事内容、これまでの経緯等、を知ってもらうことで解消される意見もあったので、

ほぼ、過去記事にもある内容ですが、基本的な就業環境を正確に記しておきます。

 

時給を下げるということについて

これほど注目されると思っていなかったので“時給を下げる”と表現しましたが、正確には以下のとおりです。

時給はそのままですよ
業務に入っている時間の時給は変わらないという考えかたです。
ただし、勤務時間のうち2割をお世話時間として差し引かせていただくので、
お給料計算は今までの時給×(勤務時間×0.8)となります

はい、ほとんど誰も見てないと思って詳細書かずはしょりましたm(_ _)m。

 

実際は時給を下げるのではなく、労働時間からみなしお世話時間が差し引かれることになります。

 

※みなしお世話時間について

子供のお世話時間を正確に把握し、その分を差し引けば、というご意見が多かったのですが、実際の現場では“オムツ替え”や“授乳”といった計測しやすいお世話だけでなく、ひざの上でお絵描きしたり、おんぶしながら作業する、といったあいまいな状態の方が頻発しています。私は、これを正確に計測することは難しいので、みなしお世話時間になったと考えています。グズった日や一人で静かに遊べた日により、実態としてのお世話時間には日によって大きく差があるかとは思いますが、実感として2割という数字は妥当だと感じています。

 

私の雇用形態や仕事内容

アルバイトで軽作業(基本的には立ち仕事)です。

週2日~3日、就業時間は10時~16時というパターンが最も多いです。

 

経緯と環境

経緯

私が働き始めたキッカケは友人の紹介で、面接を受けた際に

「会社としてもチャレンジなので、どんな環境にするのがベストか、いろいろ一緒に探っていきましょう、先ずは2ヶ月ほど様子を見て、継続するか決めませんか」

というお話をいただき、スタートしました。

このお話の詳細は、このブログの最初の投稿で書いています。

 

環境

環境と言ってもほんの一部のお話ですが、

現在、常時子連れ出勤をしているのは私のほかにもう一人。私と同じ頃から子連れ出勤をはじめて、同じくシフト勤務のアルバイトの方です。

 

子供の居ない、一緒に働くスタッフさんのインタビューをご紹介します。

子連れ出勤の実態についてもう少し詳しく見てみたい、興味のある方など、見てみていただければと思います。

blog.sowxp.co.jp

 

最後に

私自身が当初、子連れ出勤することに不安がありイメージができていなかったように、きっと多くの方にとって、職場に子供がいることをイメージしづらいのだと思います。

さらにこの取組は、会社の方も、発展途上の制度で、今後もいろいろな方々の意見や実態を踏まえて、よりよい環境を作ってゆこう、としています。

定期的に行われている「子連れ出勤見学会」もその取組の一つだと思います。

そして今回の、みなしお世話時間のお話も、そういう流れの中の一つなのだと思っています。

 

Sow Experience

本日の子連れ出勤

■本日の流れ(7/24

07:00 起床

09:20~自転車にて出勤

10:00~勤務開始

13:00~お昼休み 児童館

14:00~午後の勤務開始

15:30~お昼寝 寝る30分前くらいからずっとイヤイヤギャンギャン

16:30~起床

18:30~退社 退社間際、椅子から落下し周りを驚かせてしまう。

19:00~夕飯 夫がいないかったので途中外食❤

20:00~帰宅&お風呂

22:30~娘就寝 お昼寝が午後にめり込んだため

 

今日もおおむね安定運用。

ただここの所お昼寝の時間がどんどん押しており、少し前までできていた1日の過ごし方が崩れてきました。

 やっと掴んだ安心の安定運用がぁ~泣 という気持ちですが、まぁそれも変化のうち。娘の成長があって、良かったことが悪くなり、悪かったことが良くなり。

 

今日もあずちゃんがゆーらゆら。このとき娘は「あずちゃんじゃなきゃいや!」という状態…

f:id:mck47:20150725114423j:image

私おかあさんなんですけどー。と少々いじけつつ、有難いのと、微笑ましいのと、嬉しいのと。

 

今日は犬のお世話に終始。オムツを替えたり寝かしつけたり、お散歩したり。

 f:id:mck47:20150725114440j:image

最近は予約電話の真似も好き

f:id:mck47:20150725114447j:image

 

児童館ではおままごと。

 f:id:mck47:20150725114515j:image

 

お昼寝後ようやく機嫌が安定して、遊びに来てくれたゆもが遊んでくれる。

 f:id:mck47:20150725114522j:image

 

今日もみんなに育ててもらってます (*^^*)

Sow Experience

子連れ出勤している人の時給を下げましょう、というお話

補足アップ↓

 

www.kozre.com

 

 

以前からこういう話はあったのですが、8月勤務分から時給を下げてもらうことになりました。

 

そもそも、この時給を下げて欲しいという話は、私を含め子連れママたちから出たものだったと記憶しています。

それは子連れ開始から2~3ヶ月経った頃、あまりにも仕事にならない日があったり、授乳やオムツ替えでまとまった時間をコンスタントにとっていた頃。

 

それから10ヶ月経ち、正式に時給を下げます、ということになりました。

 

先ず、私は大賛成でした。そもそも自分自身で考えていたことだし、お世話時間分が無給ということであれば、気兼ねなく、ゆっくりと慌てること無く娘と向き合えるし、

同じ仕事をしている子連れではない人たちへの申し訳ないという気持ちも軽くなる。

やはり、私が子供の面倒を見るとき仕事を進めてくれるのは、そういう人たちで、ずっとずっと気になっていたから。

こういう環境って子連れ出勤にはほんっっっとうに大切です。

 

一方、会社の方たちからは

「もう1年たっているし、特に問題ないなら今さら変えなくても」

というような意見があったようで、最終的にはそれぞれのママ達の気持ちに任せよう、となり今回のお話に。

 

なので、私は今回

「このままの時給ではたらきますか?それとも時給を下げますか?」

という10年のサラリーマン生活では考えられないような(笑 質問に回答することになりました。

 

この会社のほんとうにすごいなぁと思うところは、

  • こういう取り組みに対して改善や注力をするというモチベーションがずっと一定してある(スタート時だけやたら熱量が高く徐々に下がることがない)ということ
  • 制度ありきではなく、常に実態に則した制度を、臨機応変に柔軟に考えてくれるとこと

だと思います。

かつて(今とは別の会社)ワークライフバランスが流行った頃は 、なんつーか本当に大変だったなぁ…

 

前にも少々書きましたが、時給を下げてもらうことは子連れ出勤している私にはとても有り難いことでした。

ただ、これもママ各々の判断で、同じ子連れでも時給そのままという人もいるかもしれません。

でも、私はそれでこそいいな、と思います。だって子供が居ても特に時間を取られない人だっていると思うから。

 

私と娘の場合は、ほとんど手がかからずに仕事を終える日もあれば、ぐずりが長引いて、少し外に出してあげたい時もある。

そんなときに気兼ねなく外を散歩したり、おやつを買ったりしてあげたい。

 

なんというか時給を下げてもらったお陰で、子連れ出勤はますます自宅育児と変わらなくなってきたな、という印象。

 

この世にこんな素敵な会社あるんですね、この規模だからこそなのかもしれませんが、ちょっと感動しちゃったりして。

f:id:mck47:20150725114212j:image

Sow Experience

家で仕事をするときの娘(2歳)の居場所

少し前から自宅でも仕事をするようになりました。

これは子連れ出勤の会社とは全く関係はなく、前職からの繋がりで、

パソコンに向かって文章を書くような内容です。

 

娘はまだ一人で長時間遊ぶことはできないので、最初はテレビでも見せていようかと思っていましたが、

同僚の女性から娘へぬりえのプレゼントをいただいたことがきっかけで、「そうだ、横でぬりえでもさせてみようか」と。

 

こういう発想になれたことこそ、子連れ出勤の効果なのかも。

f:id:mck47:20150723142240j:image

 

まだ長時間は難しいし、私の集中もとぎれとぎれですが、何とかなりそう。

 

結果を急がない、慣れるまで待つ、そのうちなんとかなる、

 

こういうのは子連れ出勤から学んだこと。

 

子連れ出勤見学会で、「在宅と子連れ出勤とどちらがラクか?」と聞かれたことがありますが、う~んどちらでしょう。その時は「在宅だ」と答えた記憶がありますが。

 

今思うと、在宅は、

誰にも迷惑を掛けず気ままというメリット

行き詰まってもリフレッシュ出来ず負のループへ突入するデメリット

 

一方、子連れ出勤は、

私自身と娘にとって仕事をしつつも気分転換になっているというメリット

やはり常に子供の存在やそこから派生する事象が常に気がかりだというデメリット

 

どっちもどっちすな。

 

だけどどちらもいい事だな、と思います。私にも娘にも。

そして今それを両方できているという贅沢。

産後の私はこんな生活をしているんだよ、と子を生む前の私に教えてあげたい。

 

産後、待機児童となり仕事復帰のまえに大きな壁を感じたとき、

本当に孤独で、目に見えない檻の中にいるような感覚になったものです。

 

体や心は一見自由ですが、私が気を抜いたり手を掛けないと死んでしまう赤ちゃんと二人きり。一方で、それは幸せで恵まれているのだ、と思う自分もいて。

 

ま、暗中模索とはこのことか、と。

 

それまで自分という役割しかなかった人生に、「母」「妻」「私(≒仕事)」という分担になり、にっちもさっちも四苦八苦。

 

何が言いたいのかというと、仕事を始めることができて良かったですよーということ。

 

前職ではないにせよ、仕事に復帰できたわけだし、今孤独感を感じることはほぼなくなりました。これは娘が2歳を過ぎたことも大きいと思うけど。

 

これを良くなったと言わずして何という!とね。

 

そうそう9月にシブヤ大学で子連れ出勤の授業をすることになりました。

まだ告知前なんだけど。小さくつぶやいてみる。

Sow Experience

本日の子連れ出勤 第3回子連れ出勤見学会

気がつけば「主婦&育児」「子連れ出勤」「在宅ワーク」とお仕事が増えてます。まだペースがつかめず四苦八苦ですが、嬉しいです。

余談ですが、子供が居ないとき産後にこんなスタイルで働けるなんて考えたこともありませんでした。子連れ出勤なんて知らなかったし、在宅ワークなんて一部の優良企業の最先端の取り組みか、何か特殊技能のある人だけだと思っていました。

子連れ出勤も在宅ワークも友人の紹介でした。何かしたいと思ったら積極的にアピールすることって本当に大事なんだな、と最近実感しております。

 

さて、今日は子連れ出勤見学会でした。

blog.sowxp.co.jp

第3回めの今回、ますます盛況で今回は午前と午後の2分構成。

 

そして本日もいろいろありました。

 

■本日の流れ(7/21

07:00 起床

09:15~自転車にて出勤

10:00~勤務開始 うんち3回

12:30~お昼休み 児童館

13:30~午後の勤務開始

13:20~お昼寝

14:30~子連れ出勤見学会

14:40~起床!!!!!

中途半端に起きてぐずる

ハセちゃんとコズちゃんがあやしてくれる

出勤キッズのゆいちゃんと娘が仲良く遊ぶ

17:00~退社

18:00~夕飯

18:30~お風呂

21:00~夫帰宅

21:30~娘就寝 

 

午前中は安定して静かに過ごせましたが、うんちが3回!きっと昨晩のなめこ汁のせい。

その都度仕事の手を止めて娘とトイレへ。

 

でもまぁ、子連れ出勤てこうだよね。

 

お昼は児童館へ。

f:id:mck47:20150722131529j:image

この児童館へは1年通い、すっかり先生たちにも良くしてもらっています。娘もこの1時間が大好き。

来年から会社近くの幼稚園に行くことを考えているでの、近所の幼稚園の特色を教えてもらう。本当に助かっちゃう。

 

お昼から戻った時点で少々眠たそうな娘。午後は見学会もあるし寝てもらおうとおんぶ。→お昼寝。ここまではいい感じ。

 

見学会のディスカッション開始して10分ほどで娘がばりばり不機嫌で起床。後にうんち(4回め!!!)をしていたことが発覚。

 

ということで見学会も途中退席させていただく。

でもまぁ、子連れ出勤てこうだよね。

 

ここで娘の「お母さんイヤ」スイッチが入る。もう何してもダメ、参ったなぁと思っていると、通りすがりのハセちゃんとコズちゃんが娘をあやしてくれる。

私がいくらなだめでもダメだったのに、ハセちゃんコズちゃんの登場でゴキゲンに。

f:id:mck47:20150722131719j:image 

そりゃないよ~母の立場なし。

でもまぁ、子連れ出勤てこうだよね。

 

その後、子連れ出勤キッズゆいちゃんと仲良く遊んで娘は大満足。周囲の大人もその姿に癒やされまくって、ふにゃふにゃにされてしまう。

f:id:mck47:20150722131753j:image 

f:id:mck47:20150722131802j:image

f:id:mck47:20150722131938j:image

毎度のことですが、ハセちゃんやコズちゃんのような通りすがりの協力や、お友達キッズの存在、そして私が手を止めても仕事を進めてフォローしてくれる同僚さんたちの存在全てに支えられてることを改めて感じる1日でした。

Sow Experience

子連れ出勤の使い方

子連れ出勤が少しずつ話題になってきて、時代のニーズみたいなものも確かに感じる今日このごろです。

 f:id:mck47:20150715112205j:image

確かに

  1. 職はあるが実家が遠く、保育園に入れたとしても病児保育が厳しい家庭
  2. なんとか乳幼児期は乗り切ったものの小1の壁からの意外と多い小学校の長期間休み
  3. (私のように)切迫流産などで急に仕事を辞めざるを得ず(職を失い)、または非正規雇用のため妊娠(=職を失う)ことになり、産んだものの待機児童となった家庭

 

今都内で子供を産むのであれば、夫婦共働きの場合、

  • 保育園が確保できて実家が近いこと、そしてその実家を頼ることができること
  • 1馬力で家庭経営できること、また一方が仕事に未練がないこと

など満たしていなければ、子を産むというのはかなり茨の道

 

自分で出来る対策としては、

1の場合実家の近くへ越す、又は親を近くへ呼ぶ。これは各々の家庭環境によって多くの場合容易くはないだろうことは容易に想像出来る。

 

2の場合、多くは有給や学童を利用することになると想像するけれど、その学童も現在定員が溢れる状態。

 

3職を失うと、仕事と保育の「ニワトリとタマゴ」状態の無限ループ。託児付の職場といえば医療職が殆どで有資格者出ない限り難しい。

 

 

子を持ちたい100組の夫婦がいたとして、先ず保育園や収入の面で条件をクリアしている人達はどれくらいいるんだろう、そして対策1~3をクリアできる人達はどれくらいいるんだろうと思う。

 

 

子連れ出勤をしている私ですが、基本的にはやはり保育園か託児所が整っていることを望んでいます。

ただ、こういう状況を少しでも緩和するために会社にも出来る役割があるんじゃないかとも感じるようになりました。

 

会社が出来る役割は、

  • 時短・フレックス、在宅ワークなど
  • 配置転換、人員増減など
  • そして、場合によっては会社に連れてくることを許容する

など。

最初の二つはむしろ、会社が整備して置かなければ周囲の社員さんたちに負荷がかかり、コミュニケーションや環境を悪化させてしまうことに繋がりそうです。

 

育児中は、時間通り・予定通りということが本当に難しくなります。

ワーク・ライフ・バランスと言われて久しいですが、ワークとライフを完璧に分け、メリハリのある生活をする、ということが本当に困難になるのです。

 

なので、ワークとライフをミックスしてほしい。ワーク・ライフ・マーブルが出来ると嬉しいのにと思っています。

 

そしてこれはもちろん、お父さんたちにも。

 

子連れ出勤はまだまだ発展途上の取り組みで完璧な解決策ではないと思っています。

向かない職場環境の会社も多いと思います。

けれど、会議室を1部屋だけ緊急時の臨時子連れワーク部屋にしたり、小学生以上であれば夏休み期間中のコアタイムは子連れ可にしたり、出来る工夫はあるように感じています。

 

子連れ出勤の子供というのは、0歳~12歳くらいまでの子供を指していることが多いように感じますが、

 

1歳までは殆ど動かず、泣き声も大きくなかったり、抱っこ紐で抱っこしたまま授乳していれば殆ど騒ぐことも殆どなかったという印象です。(モーハウスさん)

また、6歳を過ぎると言うことが分かるようになり1時間くらいであればブロックやプラレール、DVD鑑賞もできようになると思います。(サイボウズさん)

困難なのはこの間の2歳~4歳くらいまでの子(ソウ・エクスペリエンス)ですが、ここは一先ずおいておいても、

 

モーハウスさんやサイボウズさんのように、状況をみて臨機応変に子連れ対応するということは十分可能なのではないかと感じています。

 

働き、子を産み育てる中で、会社ができることを1度具体的に考えて見る機会を一先ず設けてみるだけでも、その職場にいる親たちは救われる思いがするようになるのではないでしょうか。

 

いろんなものを巻き込んで、少しずつ状況が改善されるといいな、と一人の親として思います。

Sow Experience

本日の子連れ出勤 本日でちょうど1年。

雨が止んだと思ったらこの暑さ。やんなっちゃうね。

30分の自転車通勤も娘の暑さ対策に気が抜けない今日この頃。

 

■本日の流れ(7/14

08:00 起床

09:30~自転車にて出勤

10:00~勤務開始

12:40~お昼休み 児童館

13:40~午後の勤務開始

14:00~アイスクリーム騒動

15:00~お昼寝

17:00~退社 ポップコーン騒動 

17:30~退社

 

昨日も子連れ出勤してましたが、それはスキップ。

連日暑いです。とにかく自転車の暑さ対策が目下の課題です。

 

娘には帽子と首にぬれタオル。

私はサングラス。帽子は何かと面倒なのですが、本当はかぶったほうがいい…

 f:id:mck47:20150715002932j:image

 

今日は出勤後、人形遊びをしたり、おんぶで遊んで貰ったり、充実した午前中。

f:id:mck47:20150715003002j:image

みくちゃん、ありがとう…感謝

f:id:mck47:20150715003011j:image

 

お昼休みは児童館へ

予約電話のマネを続けて保育士さんたちの笑いを誘った。

f:id:mck47:20150715003135j:image 

赤ちゃんをおんぶして、かばんを下げて、何かの散歩をしている設定

f:id:mck47:20150715003231j:image

 

午後の勤務開始時にはかなり眠く、もうすぐ寝るかな、というところで禁断のアイスクリーム騒動。

娘のアイスも分けてもらったにもかかわらず、手当たりしだいに欲しがり、ゴネル。

 

こういうのは子連れ出勤につきもの。そしてなんというか、これでいいのです。

 

泣き喚くので、当然みなさんにご迷惑をお掛けしましたが、こうなると全力で母(私)を拒否。ま、当然だな、 

ということでここまでゴネると私の手出しがかなり困難に、、、

 

なりますが、最後は連行するけどね。

このへんの心境は慣れと諦めでしょうか。本当にごめんなさい、と思いつつ。

 

さて、その後お昼寝して帰る時間。

 

と、ポップコーン・エクスペリエンス

大好きなあずちゃんに抱かれて(母あっち行け状態)

f:id:mck47:20150715004450j:image

f:id:mck47:20150715004530j:image

みかちゃんにふるまう ブレた

f:id:mck47:20150715004552j:image

ポップコーンマシン気にいる

f:id:mck47:20150715004609j:image

 

と、相変わらず夢の様なオフィスで夢のような1日を過ごしました。

 

そうそう、ゴネる知恵。これが強くなってきました。

ゴネればゴネるほど、大人が言うことを聞く、ということと、
自分の思い通りにならないことに対するイライラの感情、を強く出すようになりました。

 

ただこの2つ、私と2人だけのときには発動されません。

今のところオフィス特有の状態。

 

これはどうしてかというと、私が強く出ないことを分かっているからに違いない、と踏んでいます。

 

まぁ、そうはいかんよ。娘、次から改めてしっかり叱っちゃうもんね!と改めて思うのでありました。

 

オフィスでは自宅では回避できたり発生しない自称がつきものですからね。それありきで、親子間のコミュニケーションや育児をどうするのか。

 

実は今日で勤務1年…でした。

1年前と全然違うね、娘、よくがんばりました。

明日は何もないし、とにかく何かとっても楽しい1日にしよう。

Sow Experience

本日の子連れ出勤 出勤直前のうんち

ようやく晴れ。

f:id:mck47:20150711224831j:image

いつもは児童館と公園、どちらに行きたいか聞くところ、

今日は朝から公園に行くんだと娘と誓い合って出勤。

 

ところで朝、出がけに娘のお尻が噴火。たまにあるんですこういうことが。

思い出せるだけでも過去1回、同じようなことが有りました。今回は下痢気味で、一度オムツ替えをした後も「おなかいたい」と言っていたのでラインで遅刻のご連絡を。

 

小さなことですが、こういうときにみんなが本当に優しいことが、子連れ出勤を無理なく出来ている秘訣だな、とありがたく実感しながら2度目のオムツを替えました。

 

■本日の流れ(7/10

08:00 起床

09:30~自転車にて出勤

10:00~勤務開始

12:00~お昼寝

13:30~起床

13:45~お昼休み 公園へ

14:45~午後の勤務開始

17:00~退社

18:00~夕飯

 

今日の生活リズムは昨日のお昼寝のズレを引きずってます。

2歳イヤイヤ期くらいのときは、こういったズレに振り回されたものですが、
最近はなんとかなってます。

 

…みんなになんとかしてもらっているのだ。

f:id:mck47:20150711224631j:image

 

午前中は積み木

f:id:mck47:20150711225421j:image

 

本日のお昼寝

「ここで寝たい」と。

f:id:mck47:20150711224857j:image

 

お昼休み、都会のパラダイス

f:id:mck47:20150711224917j:image

チョウチョウさん

f:id:mck47:20150711224955j:image

公園の室内スペースで八百屋さんごっこ

f:id:mck47:20150711225027j:image

 

充実の昼休みを終えて戻ると、満腹にもかかわらず鼻腔を直撃するバズーカ級のかおり…

f:id:mck47:20150711225050j:image

出来立てのポップコーン、いただきました。

Sow Experience

本日の子連れ出勤 今日は助っ人出勤

連日の雨、小憎たらしいったらありゃしません。

 

■本日の流れ(7/9)

07:00 起床

10:30~自転車にて出勤

11:00~勤務開始

13:00~お昼休み 児童館へ

14:00~午後の勤務開始

16:00~お昼寝

18:00~娘起床

18:00~退社

18:30~夕飯

まだ起きてる ← いまここ

 

本日は助っ人出勤のため11時から。

午前中は「存在感なし」とみんなに言われるほど静か。

どうやら昨日できた”お部屋”がお気に入りのよう。

 f:id:mck47:20150709225606j:image

f:id:mck47:20150709225954j:image

 

昼休みの最後は空き地で雨遊び。

傘を持ちたがる気持ちを満腹に。

f:id:mck47:20150709225617j:image

 

娘の大好きなカレが来た!

絡む

f:id:mck47:20150709225657j:image

絡む絡む

f:id:mck47:20150709225725j:image

 絡んで絡んであずちゃんによる仲裁が入る

f:id:mck47:20150709225747j:image

ましゅーさんが監督

f:id:mck47:20150709225811j:image

 

そしてお昼寝。途中起きそうになったのを、背中トントンで寝かしつけているのはこずちゃん(母ではない(O_O)!!!)

f:id:mck47:20150709225910j:image

 

 

と、まあ本日も相変わらずみんなに育児してもらってます。

 

実はここのところ自分のPMSが酷かったのと、梅雨の自宅で二人きりのきりきり舞いと八方塞りだったため、子連れ出勤は母子ともに本当にありがたく。

 

この2日の出勤のおかげで私のストレスも軽くなったし、娘もたくさん遊べてゴキゲンに。

Sow Experience