月別アーカイブ: 2015年5月

本日の子連れ出勤 子供同士の関係

多くの出勤キッズ達がこの春から保育園に行ったので、現在のキッズは娘ともう一人の女の子(2)

 

この2人がナカナカ難しい間柄なのです。

性格が真逆のような2人。

 

子連れ出勤を始めたとき、娘と同世代の子がいたら子供同士遊んでくれると思っていたのですが、それはとても甘い認識だったと直ぐに思い知らされることに。

 

先ず私の娘がジャイアン気質。更にコミュニケーションもグイグイ入って行き、力も強い。

一方もう一人の女の子は人見知りがあり、(初めは)なかなかママの側から離れることができませんでした。

 

遊びたい娘と、嫌がる女の子。

この1年近くの間、娘がこの子を泣かせたことは一体何度になるか、、、

 

とにかく近づくとハプニングという関係になってしまい、ママ同士も気を使う気を使う、、、。

 

それがここ数日、見違えるほど上手に遊べるようになってきました。

それは子どもたちの成長ということなのだと思うのですが、

体力がついたり、上手に歩けるようになったり、おしゃべりをはじめたり、、、。

 

ママ同士もそんな2人の姿をしみじみと見つめる日となりました(泣

 f:id:mck47:20150529011026j:image

 

■本日の流れ

07:30 起床

09:30~自転車通勤

10:00~最近もう一人のキッズと上手に遊ぶようになりました。

12:00~お昼休み、川沿いの木陰でお弁当。

13:00~午後勤務開始。

13:30~お昼寝。おんぶ

15:00~起床。

17:00~残業60分

18:30~夕飯&お風呂

21:00~就寝

 

本日のお弁当

あさりご飯。ポークビッツ、ニンジンサラダ。

f:id:mck47:20150529011047j:image

Sow Experience

本日の子連れ出勤

■本日の流れ

07:30 起床

09:30~自転車通勤

10:00~今日はめずらしくお絵かき、ブロックなど一人で静かに遊んでました。

13:00~お昼休み、川沿いの木陰でお弁当。

14:00~午後勤務開始。もう一人の出勤キッズと仲良く遊ぶ

15:30~出勤キッズだんだん疲れてきて、泣かせたり泣かされたりの状態になる。

16:00~お昼寝せず、退社、自転車で寝る

17;00~起床

18:30~夕飯&お風呂

21:00~就寝

 

本日のお昼ご飯

摩り下ろし人参、卵、チーズの混ぜご飯

ウインナー

おやつは魚肉ソーセージ

f:id:mck47:20150528092408j:image

f:id:mck47:20150528092420j:image

Sow Experience

APEC女性活躍推進企業50選

http://www.meti.go.jp/press/2014/11/20141107003/20141107003c.pdf

 

 

国によって主体になっている産業が違うためか、国ごとの特色が面白い。

それから、そもそも業界的に女性が少ないので女性を増やしたという取り組みもあったが、それまで無かった風土を作って安定運用させるというところは、結局何より一番凄いことなんじゃないかと感じる。

 

個人的には三州製菓さんの「一人三役制度」というものが素敵だと思う。

女性の継続雇用ということだけでなく、全員の利益につながる取り組みに落としているところが凄いな、と感動なう。

Sow Experience

女性にとって出産はリスクでしょうか。

今日とても美しい女性と話す機会があり、ふとタイトルのようなことを感じたのでした。

 

例えばキャリアを積んできた女性にとって出産はリスクだろうな、と思ってしまった。

それは実務から離れることの不安だったり、繋がりが途切れることの不安だったり、とにかく出産をしたら以前のように働くことは叶わないんじゃないかと感じているというか。

 

子供を出産することのよさは言うまでもないことだけど、悲しいかな出産をリスクと捉えるようになる気持ちは職場復帰したくても出来なかった者として共感できる。

 

じゃあどうなればベストなのか。

 

ひとつは妊娠~出産~復職までのルートが確立されること、

そして家族、会社、社会も出産による変化のしわ寄せを受け止めること、かなと最近思っている。

 

もっと突き詰めてゆくと本当は、女性の出産・育児という視点でなく、

 

地方と都会の格差だったり、労働人口減少や、高齢者福祉や、とにかく社会の一つの出来事として、他の社会問題と相互連携のもと、ゆるやかに変化してゆくのが理想なのだろうと感じる夜長。。。

 

まずは寝なきゃな。

Sow Experience

本日の子連れ出勤 子連れ出勤の浸透はゆっくりと☺

本日オフィスでは「子連れ出勤100社プロジェクト」の一環で、会社見学が行われておりました。

 

娘はというと元来の人好きがフィーバーし、とても楽しそうにしておりました。

ここのところ出勤キッズが保育園に入り、マックス5~6人居た頃から比べると多くても2人という状態はなかなか落ちつて見えましたが、

 

久々にキッズが3人揃うとハプニングも楽しいことも3倍起きるものです(笑

この3人のキッズもこの1年でそれぞれが成長して、一緒に上手に遊ぶこともできるようになったのだなぁ、と感慨深く眺める場面も。

 

微笑ましさも3倍。

 

■本日の流れ

07:30 起床

09:30~自転車通勤

10:00~最近動画には興味を示さず、今日はブロックで遊んでいました。

13:00~お昼休み、川沿いの木陰でお弁当。

14:00~午後勤務開始。みんなでようかい体操を踊る。

14:30~お昼寝。おんぶ

16:20~起床。

18:00~退社

18:30~夕飯&お風呂

21:00~就寝

 

ここのところ、夕飯の買い物は娘を寝かしつけた後夜間に行くようになりました。

娘に邪魔されず、ゆっくり買い物が出来るので無駄な買い物をしたり慌てて買い忘れたり、イライラすることもなく、快適。

退社後の買い物時間も節約でき、帰宅から夕飯までの時間も短縮されました。

とってもいい感じ。

 

「子連れ出勤100社プロジェクト」とても素敵だと思います。

 

そういえば私が子供の頃はまだまだ個人商店が多かったもので、たしかクラスにも米屋、魚屋、工務店、電気屋などの同級生がいて、

そういう家庭はきっと子育てと仕事場の間に距離はなく、

そしてそんなお店を見慣れている私達も、それは当然のようにうつっていたのだと思います。

 

やっぱ子連れ出勤って出来るよね、と感じられる思い出。

 

と、書いておきながら子連れ出勤に諸手を挙げて賛成というわけでもないのですが…^^;

子供への負担、お母さんの負担、家族の負担、同僚のスタッフさんの負担、それぞれ確実に発生しますからね…

 

さて明日も子連れ出勤します。

先ずは本日いつもどおりの時間に入眠できたので幸先良い☆

Sow Experience

明日は子連れ出勤日

明日はおよそ1週間ぶりの子連れ出勤日。

 

機嫌の良い1日にするためには、前日の生活を規則正しく、が基本。

 

ということで早起きして朝ごはんをしっかり食べ、室内お遊びとお散歩でしっかり遊び、時間通りにたっぷりとお昼寝。

 

昼寝を終えて午後は娘の大好きな自転車で近所の河原まで。最近のお気に入りコースです。

娘の昼寝タイムは部屋の片付けと夕飯の仕込み…&何とか私の時間も確保^^;

 

そう言えば今日、一時保育の継続申請書類で、直近の健診が必要だったため小児科へ。

今2歳半の娘の健診費用は自費となることを始めて知る。

因みに2500円でした。

3歳健診はまた無料の案内が来るようです。

 

さて午後の外遊びに出かけます。

専業主婦、言ってもヒマでしょ?と思っていたあの頃の私に説教してやりたいくらい、母業って尽くしっぱなし。

Sow Experience

会社でのお菓子問題

 以前コチラで投稿した、会社でのお菓子問題。

mck47.hatenablog.com

 

ここのところ大変良い方向へ解消しております☺

 

そもそも、目に付けば全て欲しがるタイプの娘。

そして、みんなのカバンや机を勝手に漁ってお菓子を食べる娘。

2歳前後、イヤイヤ期中の子供が持ったお菓子を取り上げたらどうなるか…

 

現在は2歳7ヶ月になった娘ですが、もともと食べることは好きなタイプなので、出社前の朝食とお昼ごはんをとにかくたっぷり食べさせるようにし始めました。

 

ただし、これは娘がこの年令になったから出来るようになったことで、2歳前後のころは食事の集中力が持続しなかったり、少し食べて直ぐ飽きる状態で出来なかった。

 

朝食とお昼ごはんを沢山食べていると、とうぜん食欲自体が沸かず、無意味にお菓子を欲しがらなくなりました。

 

今のところとても順調です♪

 

この朝食とお昼ごはんを沢山食べさせる作戦はには少しコツがあって、

 

・美味しいこと

・食べきれる量より少なめにすること

・見た目にそそること

 

が娘にはポイントとなってます。

 

このまま順調にお菓子離れできれば良いのですが…^^;

Sow Experience

会社にいるベビー&キッズたち(3)

 この春に保育園やママさんの就職が決まり、メンバーが減りました。

 

現在は娘(約2歳半)と女の子(約2歳)の2人。

 

そこへそれぞれの事情で「今日は子供を連れてくる」スタイルの子連れ出勤状況となってます。

 

2人のキッズも毎日出勤しているわけではないので、キッズ居ないディもあり、そんな日はオフィスが本当に静かなのだそう…^^;

 

 

mck47.hatenablog.com

 

 

mck47.hatenablog.com

Sow Experience

本日の子連れ出勤 オフィス移転、環境の変化

■本日の流れ

07:30 起床

09:00~自転車通勤(30~40分)のところ、ルート探検して約1時間かける。

10:00~出社。Youtubeを見たりウロウロしたり、お菓子を食べたり抱っこで遊んだり。オフィス移転2日目のためか、落ち着かず常に誰かの邪魔する状態。←母参る、、、。

13:00~お昼休み。児童館は止めて、二人で静かにお弁当を食べる。

14:00~午後の勤務開始。

14:30~お昼寝。おんぶ

15:50~起床。

16:30~残業は30分

19:00~買い物を終えて帰宅。直ぐお風呂に入れる

19:30~夕飯

21:00~就寝

 

先日オフィスが移転したため、新しい環境になりました。

動画の鑑賞環境がよくなったことと、キッズ・ベビーエリアが出来たことが今までの違いでしょうか。

 

この2日は娘も以前のようには落ち着いておらず、なかなか難しい就労となっております。

もう無給でもいいよ、、、というような感覚です。

 

大きく2つの要因があるような気がしていて、

ひとつ目は環境(場所)の変化そのもの。おそらく自分の居場所や行動パターンが定まっていないので、娘自信どのようにしているとベターなのか探り探り。

ふたつ目はキッズ・ベビースペースが仕切られ、行動範囲が狭くなったことで、キッズエリア内のスタッフに絡みつく頻度が上がったこと。

 

ただまぁ、約1年の子連れ出勤の経験から、「娘の成長」と「慣れ」というのが一番なのだと思っているので、今回も気長に慣れるのを待つことと、慣れるまでは出来るだけかまってあげることを心がけてあげたいところ。

 

実はここ数日、私の体調が優れず中々構うことが出来ませんでした。

だいたいこういう日は娘は荒れ気味になります。

わたしからのコミュニケーションが叱ることと注意することだけになってしまうからです。

 

疲れて遊べない時は叱るよりハグしてみる。

それくらいはしてあげなきゃなと思っているところ。

 

 

Sow Experience

みんなたまちゃんにダメって言えるようになったね、と言われたこと

この春に保育園が決まった出勤キッズが3名おり、ほぼ私の娘だけという4月~5月でした。

 

先日にはオフィスの移転があり、通常業務と引越し作業でてんやわんやのなか、娘はあれこれに手を出し、

 f:id:mck47:20150511101138j:image

「あータマちゃんこれはだめー」

「あーーーータマちゃんダメーーーー」

「あーーーーだめーーーー」

 

と、言われまくっていたところ、

私の隣で作業をしていた同僚さんにこんなことを言われました。

 

「みんなたまちゃんにダメって言えるようになりましたね」と。

 

そう言われて気が付いた私にはとても感慨深い出来事で、大げさですが嬉しくて涙が出そうになりました^^;

 

よその子を怒る、叱ることの難しさ。

そのためには親と子、同僚さんたち三者の人間関係がとても重要だということ。

 

娘が出勤し始めた時は1歳8ヶ月、現在は2歳7ヶ月。

当初は注意してもよくわからない状態だった娘はぐんぐん成長し、言われたことの意味が分かるようになりました。

 

この1年間でつくられた関係と、娘の成長があり、このように過ごすことができているんだと。

 

娘にしてもとても戸惑ったと思うし、とても堪えているような時期もありました。

同僚さんたちも、想定よりも活発な娘が業務の妨げになったことは日々何度もあり、難しい気持ちになることが何度もあっただろうし、

私も子連れ出勤の難しさを肌身で感じ、試行錯誤の日々でした。

 

2歳を過ぎた娘にとって、いい事・いけない事をはっきり伝えてもらえることは重要です。

 

いい事・いけない事をはっきり伝えてもらったからと言って直ぐに守れるような娘ではありませんが(><)(_ _)m(_ _)m

注意してもらえることで学んでいることは確かで、その蓄積がルールを認識して守れるようになるということに繋がるのは家庭育児と同じではないかと感じています。

 

ほんとうに、ほんとうに、色んな人に育てて貰っていると感じます。

 

一瞬でも本気で向き合って注意(育児)してくれている、書いてても思い出し嬉涙が出そうです。

 f:id:mck47:20150511101215j:image

 

 

 

Sow Experience